初めてハワイ旅行をする方はホノルルに泊まると便利です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーフレームの青い炎

青い炎のストーブをご存知でしょうか?
アラジンのブルーフレームと呼ばれる石油ストーブです。
家電屋で見かける石油ストーブとは、ひと味もふた味も違うアラジンのブルーフレームは、非常にレトロな作りでアンティークな雰囲気が漂っています。

レトロなのは当然で、イギリス発祥のこのストーブは、もう何十年も大した変貌も遂げず、このカタチでやってきているのでした。
(現在は日本の会社に継承されているようです/日本エー・アイ・シー)

しかし、このストーブはメンテナンスが大変。
週に一度は掃除を!と喚起されており、点火もスイッチでポンとはいきません。
火の状態を見ながら、繊細な微調整が必要です。

灯油タンクは本体一体型なので給油も大変。
タンクの容量も少なめなので、1回の給油で15時間ほどしか持ちません。
更に芯が綿芯のため、空焚きする(灯油が切れた状態で燃焼し続ける)と芯が燃え尽きて失くなってしまうとも・・・
ということは、かなり小まめに給油しなきゃなりません。

何かと不便なストーブであることはネットで調べてよくよく分かっていました。
でも、その面倒な事柄を踏まえた上で、このストーブに愛着を持っている方がたくさんいらっしゃるのも事実です。手が掛かる子の方が可愛いといった心境でしょうか。

まるでガスコンロのごとく青い炎を揺らす小洒落たストーブをお家に置いておきたい。
どうしても衝動を抑えられなかった私は、躊躇ったものの購入してみました。

買ったのは10月初旬。
ずっと部屋の片隅にて出番を待っていましたが、ここ数日寒くなってきたので初めて火を灯してみました。


アラジン ブルーフレーム その1
分割測光 ・ F4.0 (1/8秒) ・ 0.0EV ・ ISO 1600 ・ トリミング&トーンカーブ調整


アラジン ブルーフレーム BF3903(ブラック)

かなりテキトーな写真になってしまった・・・(笑)





アラジン ブルーフレーム その2
分割測光 ・ F4.0 (1/8秒) ・ 0.0EV ・ ISO 1600


ユラユラと美しい青い炎を眺めていると心が癒されます

みなさんがこのストーブにハマっちゃう理由がよく分かります





アラジン ブルーフレーム その3
分割測光 ・ F4.0 (1/13秒) ・ -1.3EV ・ ISO 800


やっぱり買ってよかった



温かさは、そこそこでしょうか。真冬の寒さをまだ体験してないので何とも言えませんが、ネットでみたところ雪深い地方でアラジンがメインというのはかなりツライようです。

形式としては対流式なので本体の横に立っていても全然温かくありません(熱気は上へ上昇してゆきます。)
部屋の空気が温まるまで時間がかかりますが、サーキュレーターや扇風機で風を送ってあげれば効率的です。

興味のある方はネットなどで探してみると良いと思います。
楽天で見たところ、在庫のある最安値のお店はココでした。
【送料無料】アラジン ブルーフレーム(ブラック)   ★1101-point★ 1106PUP10

ストーブの色によっても価格が違います。
ブラックはホワイト等より少し高めの料金設定ですが、その分、青い炎が360℃見えるようなデザインになっています。
ホワイトやグリーンも実物を見ましたが、デザイン的にはそちらの方が可愛らしいかもしれません。女性的なイメージです。
値段にかなりの差があるものは2008年モデルと2009年モデルの差かも。
機能的にはそれほど変ってないので、最新のものを選ぶ必要はあまりなさそうな気がします。

雑貨屋さんなどにもブルーフレームが置いてありますが、このストーブの特性を知らず、単なるオシャレなストーブとして下調べもないまま飛びついてしまった方にとっては、何ともガッカリな買い物になってしまうかもしれません。
このストーブが欲しい方は、よくよく検討してみてから購入してくださいね。

でも人気のあるストーブなので、(特にネットでは)あんまり考え込んでるとなくなっちゃう可能性もあり、買い時が難しいかもしれません。


使用機種・レンズ等 : E-3 ZD_12-60mm(F2.8-4.0)

コメント

こんにちは。

懐かしい製品に出会えて、心がポカポカ。
温風ヒーターが出る前は、
ストーブの王様的存在で憧れの商品でした。
直ぐに温まると言うより、
時間をかけて部屋全体を暖める感じ。
部屋の中央に置くのがBESTかな。
昔はマッチ点火も一つの儀式だったけれど、
最新式はどうなんだろう?

>mellonさん

こんばんは♪
mellonさんは、きっとご存知だと思っていました。
実際に使われていたのですね^^*
炎がとっても綺麗だし、ほわほわ暖かくてホレこんでいま~す。

最新式も未だマッチ点火ですよ(笑)
芯の3箇所にボッボッボッと。
マッチだと大変なのでチャッカマンを買ってきました♪

覚えがあります

クマさん、こんばんは。
このストーブ、昔見た覚えがあります。
そうですか、そんなに管理が大変なんですね。
温風がでるより、こういうタイプの方が私も好き。
だけど面倒くさがりだから、
クマさんのメンテナンスの話を読むとちょっと私にはムリかなと...
炎を見ることが出来るのがいいですね。
薪ストーブとかも憧れちゃうんですけど、
あれもメンテ大変なんですよねぇ。
うーーん。

>えこたびさん

こんばんは~♪
えこたびさんもご存知だったのですね。

ここ最近、冷え込んでいるので毎日使っていますが、点火作業はかなり慣れてきました。炎の微調整もだんだん分かってきたし^^
メンテナンスは面倒そうですが、1週間に1度というのは大げさかもしれません。要は青い正常な炎が出ていれば何もしなくても良さそうです。

このストーブを可愛がっていて思ったのは、モノを大切にできるということで、大切にすると長く持ちますし、エコにも繋がっていると思います。
えこたびさんにすごく合っているんじゃないかなぁ^^*

>薪ストーブとかも憧れちゃうんですけど、 あれもメンテ大変なんですよねぇ。
かっこいいですよね。薪ストーブ!
北海道とかに住んでたら私も薪ストーブが欲しいです~♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。