初めてハワイ旅行をする方はホノルルに泊まると便利です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ベイ舞浜ホテル・レビュー

ディズニーで遊ぶために初めてお泊まりしました。
ホテルは、東京ベイ舞浜ホテル
2007年3月に建てられたばかりの新しいホテルでした。


東京ベイ舞浜ホテル・レビュー その1
分割測光 ・ F7.1 (1/400秒) ・ -0.3EV ・ ISO 100 ・ トーンカーブ調整


東京ベイ舞浜ホテルの外観です。まぁるいまぁるい建物。

他のオフィシャルホテルと比べると、とっても小さくてコンパクトでした。




このホテルはディズニーのオフィシャルホテルに指定されていて、ディズニーリゾートを利用する方にはとっても便利な特典がついていたりします。

ホテルの特典内容は下記の順でランクごと異なり差別化されていて、内容を見ていくと、オフィシャルホテル以上なら結構な恩恵を受けることが出来ます。
ディズニーホテルオフィシャルホテルパートナーホテル

私達はそれ程ディズニーキャラが大好きというわけでもないし、ディズニーホテルは高いのでパス。
オフィシャルホテルの中で選ぶことにしました。

ディズニーホテルやオフィシャルホテルの一番ありがたいと思った特典は、ホテルのチェックインが舞浜駅すぐ横の「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」で出来てしまうという点でした。駅から降りたらすぐに宿泊のための大荷物から開放されます。もちろん荷物は無料でホテルまで持っていってもらえます。
なので、ホテルへ回り道することなくパークへ直行できるんですよね。

ただ、このウェルカムセンターのオープンは、8:00からとなっていて、夏場はTDLも同時刻オープンとなるので、朝一パークに入りたい方には使えないかもしれません。
それと土日の混んでいる日は、かなり並ぶようなこともネット上で書かれていました。実際、チェックインの手続は時間がかかったので納得・・・。混んでいるようだったらホテルに直行した方が早い場合もあるかもしれませんね。

それとそれと・・・
かなり期間限定ではありますが、非常に嬉しい特典があります。
それはパークへのアーリーエントリー
ディズニーホテル&オフィシャルホテルの宿泊者だけが、一般の開園時間よりも1時間も早く入園できてしまうという、VIPなプログラムです。(チェックイン当日は利用できません。)
私達が行った時は、運良くTDSへのアーリーエントリーが可能で、もちろん利用させていただきました。それでもお客さんはいっぱいいましたが、もうサイコー!な1時間でしたよ~^^

ただこれは期間が短いうえに土日祝日はやっていません。平日お泊りで行けそうな場合は、このプログラムの開催期間を狙っちゃいましょう!


え~と、、、
だいぶ話がズレてきたので東京ベイ舞浜ホテルの内容に戻ります。


東京ベイ舞浜ホテル・レビュー その2
分割測光 ・ F3.5 (1/3秒) ・ 0.0EV ・ ISO 400 ・ トーンカーブ調整


ホテル内はとっても開放的!

建物全体が吹き抜けになっています。




この吹き抜けは非常に斬新でした。泊まった人の誰しもが同じ写真を撮っていることと思います(笑)
1階部分はフロントやショップ、あとはお食事エリアとなっています。

この青天井の真下がレストランで、お食事中の様子が周囲から丸見え(壁がない)なのですが、それは食べている時は全然気になりません。
ただ、ホテルへ入った瞬間、臭いというわけではないですが、少しだけニオイが気になりました。
なんと説明したら良いのか、、、独特なものです。
ああ、強いて言えば・・・ふとコンビニに立ち寄った時に漂ってくる、おでんや他の食べ物の匂いが混ざったようなあの感じです。

ごはんのニオイがダメ~!といった香りに敏感になっている妊婦さん等にはツライかもしれません。フツーの方は全然平気だと思いますけども。


東京ベイ舞浜ホテル・レビュー その3
分割測光 ・ F4.5 (1/80秒) ・ 0.0EV ・ ISO 800 ・ トーンカーブ調整


ハースハーモニールーム(10F)に宿泊。

加湿器をはじめ空気清浄機などが常備されていて快適そのもの。

ペットボトルのミネラルウォーターや人気のロクシタンのアメニティはお持ち帰りOK。

ベッドは広く、パジャマが用意されているのも嬉しいところです。




お部屋は広々としていて、とっても過ごし易かったです。加湿器&空気清浄機があるので、風邪が流行るこの時期でも安心ですよね。
そして、このホテルの一番良いところはバスルームです。(どのお部屋もバスルームの作りは同じようです)
お風呂、洗面所、トイレが独立しているのが本当にありがたい。お風呂の湯船も広くて、ゆったり体を癒すことができました。入浴剤も良い感じ!


東京ベイ舞浜ホテル・レビュー その4
中央重点測光 ・ F6.3 (1/250秒) ・ 0.0EV ・ ISO 100


お部屋のカーテンを開けるとこの景色。東京湾と青い空が目の前に広がります。

晴れていれば富士山も!左側に見えているのが分かりますか?

夜は夜で綺麗な夜景が楽しめます。

とにかく、めちゃめちゃ良かった!リッチな気分になれました。




これだけ良い事尽くしだと、かなりお高い料金という気がしてしまいますが、それがそれが思っていたのよりも断然安かったのでした。もちろん泊まったのが平日の閑散期だったことは大きな理由ですが、それでもリーズナブル♪

今回は2泊したわけですが、料金を抑えるため1泊ごと別の窓口から予約しました。
初日はyoyaQ.comで予約。
これはもう最安値なんじゃないでしょうか。ハーモニールーム(素泊まり)が二人で 10,000円。その辺のビジネスホテルより安いのには驚きです。

2日目は朝食も食べてみたいということで、色々探してみた結果ヤフートラベルで予約。

こちらも同じくハーモニールームの朝食付き(更にオマケとして1人あたり500円のQUOカード付)が二人で 17,000円。
金額だけ見るとお得感は減りますが、朝食自体の設定が1人あたり 2,900円もするので、そこを踏まえればお手頃なお値段かな。

また、今回はチェックインの時に「1人あたり2,000円の追加で、ビュー&アメニティの良いひとクラス上の ハースハーモニールーム に泊まれますよ」という甘い問いかけを頂いてしまい、それに応じてしまいました^^ゞ
なので2人×2泊で +8,000円。

全部合計しても 35,000円で、1人1泊 8,750円でこのお部屋は何ともリーズナブルです。
2泊目が素泊まりだったら更に安くできたでしょう。

その他にもスパ付きのプラン等、窓口によっても色々あるので、探してみると楽しいです。楽天トラベルのプランも良かったですよ~^^


ところで話は変りますが、正直、朝食の料金は高すぎですよね。美味しかったけど 2,900円では・・・
素泊まりにして、イクスピアリなどで前もってパンなどを購入しておき、お部屋で食べるのがオススメかな。混んでいる時期などは、朝食を食べるのに行列ができてしまうという話も多々ありましたので、繁盛期は尚更です。

また禁煙、喫煙ルーム等は予約時には選べませんが、宿泊前に電話でリクエストすることもできます。眺望などのリクエスト(あくまでもリクエストです)も受け付けてくれているので、前もってお電話しておくと眺めの良いお部屋に泊まれるかもしれません!


使用機種・レンズ等 : E-300 ZD_14-54mm(F2.8-3.5) E-3 ZD_12-60mm(F2.8-4.0)

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。