初めてハワイ旅行をする方はホノルルに泊まると便利です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロダン 「地獄の門」

先日、静岡県立美術館ロダン館に行ってきました。久々に自転車に乗って。

ロダン館ではフラッシュを焚かなければ写真撮影することができます。ケータイでの撮影は撮影時に必ず電子音が鳴ってしまうため禁止となっているのですが、一眼で撮ってもシャッター音は響いてしまうので何となく申し訳なく思いながら撮影してきました。


ロダン 地獄の門 その1
評価測光 ・ F8.0 (1/5秒) ・ - 0.7 EV ・ ISO 1000 ・ Photoshop CS3 にて現像


地獄の門


教養の足りない私には、ロダンの作品と言えば「考える人」オンリーだったのですが、以前、ロダン館に来た時に初めて「地獄の門」を知りました。
繊細でいながら迫力があり、こちらに何かを訴えかけてくるような重々しい雰囲気で、訪れる人々を待ち構えています。

「地獄の門」は、詩人ダンテの長編詩「神曲」の中の「地獄篇」を表現したもので、200人以上の悩める人物像が組み込まれています。有名な「考える人」も「地獄の門」の一部であるダンテを表現した像を独立させ拡大した作品なのだそうです。



ロダン 地獄の門 その2
評価測光 ・ F4.5 (1/13秒) ・ - 0.7 EV ・ ISO 1000 ・ Photoshop CS3 にて現像


考える人ばかりに目が行ってしまいますが…




ロダン 地獄の門 その3
評価測光 ・ F5.0 (1/8秒) ・ - 1.0 EV ・ ISO 1000 ・ Photoshop CS3 にて現像


「考える人」の背後にも苦悩の人々がたくさん描かれています

そして、写真で見て初めて気付いたのですが「考える人」の頭上にある門の枠の部分

単なる模様ではなく、たくさんの顔が埋め込まれています




ロダン 地獄の門 その4
評価測光 ・ F5.0 (1/20秒) ・ - 1.0 EV ・ ISO 1000 ・ Photoshop CS3 にて現像


一つ一つの像がとても繊細でした


使用機種・レンズ等 : EOS5DMK2 Canon_EF24-105mm(F4L)

コメント

ロダン館

ご無沙汰しております。
キヤノンさんに行ってしまわれたのですね。

夏に帰省した時に
久々にロダン館へ参りました。

携帯の子供は叱られたのに
E-30で撮るのはOKとまあ、子供にはたぶん理解できないでしょうね。
あの「ちゃら~ん」というシャッター音は、美術館にそぐわないからでは?

当時数枚、ロダン館のサイトに、画像を掲載して頂いてます。
(サイトから投稿したんですが、掲載されただけで
 何のお礼も、コメントもなし。ま、お役所的といいますか(;^_^A )
もちろんMOTOの名前です(笑)。

写真撮影には、実は、難しい場所ですね。
自然光と照明が混在し、ブロンズは黒の様で黒でない。
WBの調整が上手くゆかず、RAWでいじり直してました。

ズミ(25mm単焦点)でもトライしましたけど、
画角とか彫刻をどう綺麗に見せるか悩みます。

数回行って、撮り方を研究しないと、ワタクシには
難易度が高い場所でありました。

でも、いい所です。

>MOTOさん

こんばんは。ご無沙汰してます。
今回、キャノンさんを買いましたけどオリンパスはずっと捨てません!

実は以前、MOTOさんのロダン館の記事を拝見したのを思い出して、ロダン館に行ってきたんですよ~。
投稿写真も拝見しました。力強いお写真、さすがですね!しかし、何のお返事もないなんて確かにお役所仕事…(苦笑)

>写真撮影には、実は、難しい場所ですね。

同感です。私は露出に悩みました。なかなか実物の良さを表現しづらかったです。

でもロダン館、本当に良い場所ですよね♪
また行きたいです。

露出

露出って書くとなんだか、怪しい感じもいたしますが(爆)

ブロンズの質感は出すの難しいですね。
プロの写真の違いは、やはりココにあるのかと??
(構図もですが(´ヘ`;))

>MOTOさん

あはは。そっちの意味もありましたね~(笑)
ブロンズの質感、あまり考えてなかったなぁ…
構図を考えるだけで精一杯だったような気がします。その構図もイマイチなんですが^^;
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。